カッピング

吸角とは、カップを患部にのせて陰圧をかけることにより、
老廃物や二酸化炭素を含む血液・体液を、皮膚の表面に引き上げ、
毛細血管の血流が改善する施術方法です。
疲れが翌日まで持ち越されてしまうのは、
身体の内部にできた老廃物を、血液の働きが衰えたために
排出できず、溜まったままになっているからです。
それがさらに血液の働きをいっそう妨げる、
という悪循環を生みます。悪循環を断ち切るには、
血液の浄化と血行の促進が有効です。吸角療法の真骨頂は、
まさに血液の浄化と血行促進にあります。

効能

カッピングの効果と丸い跡

吸角で吸い上げることで部分的に色がつく場合があります。
それは血管が一時的に縮小し、吸引圧を開放することで、
血管が拡張し血流が良くなるためです。
血流が良くなれば、痛み、凝りなどが、緩和し、
体内の新陳代謝も促進され、自然治療力が高まります。
逆に、凝り、痛みが無ければ、薄い色で
すぐに消えることが多いです。
吸角を何度か続けていくと、この色は濃い色から薄い色へ
だんだんと変わっていくことが多いです。
色が消えるまでの日数も、日に日に短くなっていきます。
これはドロドロとした悪い血(オケツ)が、
だんだんと浄化されている証拠でそれに伴い、
体調が良くなってきたことを実感していただけると思います。
施術部位にもよりますが、3日~2週間ほどで
色は消えていきます。
その痕の色はほぼ三種類に分けられます。

効能色

反応が強いほど色が濃く、その痕に相当する部位に
機能低下が見られます。

効能色

施術時間

時間

アクセスマップ

アクセス情報はこちら
google mapで詳しく見る